2012年06月03日

高野山


2年前に西国三十三か所巡りを完了して、それから何度か高野山には出かけているのに
いつも集印帖を持っていくのを忘れてばかりで、なかなか結願ができずにいた。

一番初めに3番の和歌山の粉河寺に行ったのが平成6年。今回の高野山で完了とすると
18年ごしの結願、ということになる。
別に何か願掛けをして参拝、とかいうのではなく、ただ単に目的を持ったドライブと
して開始した三十三か所巡り。それぞれに色々な思い出もできて実に感慨深い。

死ぬほどきつかったのは、4番の大阪・槇尾山施福寺。
16年前であれほどきつかったんだから今はもう無理だろうな。
その次は7年前に行った11番京都の上醍醐寺。
ショートカットの近道を選んで2時間、もしまともに行ってたら4時間位歩くハメに
なっていて施福寺よりしんどかったことだろう。
33ケ寺でとにもかくにもこの2つは本当に懲りた。

1番の和歌山那智山から33番の岐阜谷汲山、そして3か所の番外、今回の高野山と
合わせて37ケ所。本来なら順番に行くのが正道だけど、行けるところからランダムに
行ったので番号順が記憶順じゃないのがネック。しかも残念ながら達成感もない。
でもまあいいや。
さーて、目標がなくなってしまって寂しいな。
今度から何を目指そうかなぁ。。。


posted by Shinshin at 16:48| Comment(0) | 旅行記

2012年05月04日

青洲の里


帰省したついでに満願・結願として高野山に行こうと思っていたけど、なんだか
ひどい渋滞につかまりそうだったので、急遽予定を変更してずっと手前の
華岡青洲の里に行き先を変更した。

有吉佐和子の「華岡青洲の妻」を読んだのは学生の頃。
何度かTV化もされているのでストーリーは有名だけど、実際史跡を訪問するのは
初めて。正確に言うと初めてではないものの、前に行った時が子供の頃すぎて
余り覚えていないので殆ど初めてに等しい、と言える。

実は先日、NHKの金曜時代劇がスーちゃんこと田中好子さんの一周忌だからなのか、
再放送をしていて、たまたまそれを見たばかりだったのでちょっと行く気になった。
史跡はドラマ化されたせいなのか、昔より広くなって、キレイになっていた。
確か昔はもっと薄汚くてみすぼらしかったような気がする。

華岡青洲、世界に誇れる偉人なのに、知名度がイマイチなのが残念。
昔、子供心にそう思ったっけな。
でも、今もさほど変わっていない。日本より欧米での方が有名なのは南方熊楠と
一緒かな。
しかし、なんでこんなイナカで・・・って思わずにはいられないほど不便なところ。
昔の日本って今ほど地方格差ってなかったのかも。

説明書きに昔教科書で習った杉田玄白やシーボルト等の名前がでてきてなんだか
懐かしい。
麻酔の素になったマンダラゲ(チョウセンアサガオ)は調理師学校の「栄養学」
でも習ったっけ。
何でもつながってるもんだなぁ、とか思いつつ見学をした。

あー、やっぱり「江戸アルキ帖」のインストラクターになりたーい。
切なる願望。。。

posted by Shinshin at 22:38| Comment(0) | 旅行記

2012年05月01日

そば巡り


予定通り信州に行ってきました。
この季節、残雪残る信州の山々の風景が見たくて毎年GWにドライブがてら
蕎麦を食べに出かけます。

奈良から三重・愛知を抜けて最初の目的地、木曽街道の奈良井宿へ。
いつも通過するだけだったので、一度位立ち寄ってみたかった所です。
丁度お昼時で、まずはここで1回目のそばを五平餅とのセットで戴きました。
そば×。つゆ×。そば湯なし。店の雰囲気ももうひとつ。がっかり。

次に安曇野から穂高に入って、2回目のざる。丸いざるの余りの大きさに驚愕。
そば〇。つゆ△。雰囲気〇。
えんえんと続く桜並木が満開。ものすごくきれい。
夕方、別所温泉へ。
さらに桜が満開。見事すぎて溜息が出る。白っぽい桜にピンクの桜、濃いピンクの
しだれ桜の乱れ咲き。
今までに見たどの桜の景色よりも豪華で美しく、この景色は一生忘れそうにない。
これまでの人生で数々見てきた桜の中でNo.1の風景のような気がします。

朝、妙高高原で3回目のそば。今回は「もり」をやめて「かけ」で舞茸の天ぷら
蕎麦。これがまたおいしい。ああ、しあわせ。
戸隠神社は雪が積もっていてすべるすべる、すってんころりん。
真っ青な空に、強い日差しに足元だけ積雪。しんどい。だるい。暑い。辛い。
吹き出す汗に、まさかこんなことになるとは・・・。たった2kmなのに・・・。
下りは上りよりも怖い。恐るべし、雪の山道。
そう言えば、今イランだかで女性の間で流行っている忍者修行の先生は戸隠流忍者の
出身だったっけな、などと思い出しながら、茶屋で「そばソフト」で食べた。
うん、ちゃんとそばの味。
そして善光寺の門前で4回目の「戸隠そば。」
ここでは初めて「そばの薄揚げ」を食べた。これはおいしい。
そしてざるは勿論文句なし。蕎麦・つゆともに今回一番美味しかった。

川中島合戦場公園で休憩して、「峠のかまめし」で有名な「おぎのや」本店で
かまめしをGETして一路浅間山の鬼押出しへ。
残雪美しい浅間山と、溶岩のゴツゴツした奇形はいつ見ても面白い。
帰路はいつもの軽井沢へ。いつものお土産物屋さんでいつものお土産をGET。
そして5回目のそば。軽井沢のそばはどこで食べても外したことがない。
好きだなぁ、軽井沢。いつか、ここに別荘を持てる身分になりたいものだなぁ・・・。
楽しそうに道行く人達を思い出しながらしみじみと温泉に浸かる。ほーっ。

6回目のそばは岐阜の郡上八幡。ここもGoo。
田楽・そばがきと今回は「梅おろし」をオーダーしてご満悦。
サイドメニューの「朴葉寿司」は車中で食べたけどほのかな甘みがあってオツ。
荘川さくらで有名な荘川はそば生産日本一だそうな。今度食べに来よう。

岐阜から福井、滋賀へと抜けて、数えてみたら12県を経由して今回のドライブを
終了。福井の九頭竜の景色もすごくきれいだった。
桜も景色も蕎麦も思い切り堪能して、今回も楽しい旅で上々吉。
まずは、GWの前半が終わりました。お疲れ様でしたー。
明日から第二弾が始まります。。。


posted by Shinshin at 21:13| Comment(0) | 旅行記

2012年04月21日

お花見vol.3

吉野
天気予報では今日は午後からひどい雨降りになる、とのことだったのでさんざん迷った
あげく車で出かけることにした。

締めくくりのお花見はこれまた恒例の吉野山。
天気は全然問題なく美しい青空。そして桜も上千本は満開。
さすがに中・下はもう散り始めだったけど、その代りに道路がピンクの絨毯を
敷き詰めたみたいで、これまた滅多に見れない光景に思わず感嘆。

今日は蔵王堂で「桜のシンフォニー」というイベントが開催され、観光客もいっぱい。
秘仏の特別公開もあって、非常にラッキーな一日だった。
初めて見る蔵王権現はすごい迫力で、見応え十分。
吉水神社の「一目千本」からはピンクに染まった山を見ることができ、絶好の写真
ポイントにこれまた感激。

津風呂湖は葉桜だったけどピンクの絨毯はここの方が濃い。
きれいだったなぁ。

それにしても南阪奈という道路ができてめちゃ便利になった。
行くのも帰るのも早い早い。
終日、言うことなしの上々吉でした。
posted by Shinshin at 20:02| Comment(0) | 旅行記

2012年04月15日

京都の花見


予定通り、京都へお花見に行ってきました。
毎年同じ場所に行きます。
満開で、散り初めの花吹雪の中、行く春を満喫。
美味しいお弁当とアルコールは今回梅酒。
デザートはやっぱり三色のお花見団子。ああ、幸せ。

京都の桜は今がピーク。
恒例の哲学の道もいつもより人が少なめで、ハラハラと散る花びらがもったいない。
お決まりの「風の館」での買い物も済ませて、今日の目的が終わった。
そこから人ごみを避けて、これも恒例の鹿ケ谷へ。
真如堂から金戒光明寺界隈は見事な桜なのに、人もまばらで貸切状態。
平安神宮とかはめちゃくちゃ人が多いのに、ここは本当に穴場で毎年トクした気分。

いつもは四条まで歩き倒すけど今回はもうバスで祇園まで。
例の事故現場は花束がいっぱいで、車窓から思わず合掌しました。

春の東山、秋の嵯峨。
また遊びにきます。再見。

a href="http://www.blogmura.com/">ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

posted by Shinshin at 19:31| Comment(0) | 旅行記